So-net無料ブログ作成

母の一年 [介護]

久々に、母の話です

一昨年、特養に入所した母ですが

寝ていると褥瘡ができる、それはわかりますが

日中座ってばかりでもお尻に褥瘡ができるようで、そうなると

やはり寝かせて体位を変えていただくしかなく

良くなったり悪くなったりを繰り返していますが

歩けるときは手を引いてお散歩をします



そして、最近はインフルエンザ患者が施設で出たので

家族の面会も遠慮して下さいとのお達しが出ております




さて、母の書類は特養だけでなく、年金・医療費・実家の関係のことなど

次々と届くので、ちょっと気を抜くと書類だらけになります



そこで、書類入れを買って分類したり、とりあえず入れておくことにしました

届いた時点で仕分けをすると、あとがすごく楽です


DSC_2479 (413x550).jpg



書類整理や、確定申告の医療費控除のためのパソコン入力は

ゆっくりとお茶を飲みながら・・・

何でも楽しみながら?すると気分がラクです

DSC_2537 (413x550).jpg
nice!(23) 

何もできなかった自分 [介護]

今日は、きれいな話題ではないので、お食事前後とか興味のない方がスルーして下さいね





続きを読む


nice!(22)  コメント(14) 

花火大会 [介護]

母の施設の花火大会に参加して来ました

花火大会とはいえ、屋上で柄の長い花火を(持てる人だけ)持って

楽しむというものなのですが。。。



当然、老人ホームなので車椅子の人が多く

花火を見ても何のことかわからない人も多くいます



今回、初めて施設の大多数の人が集まっているのを見た私なのですが

叫んでいる人、ずっと文句や攻撃的なことを言っている人いろいろで

改めてこの仕事に従事している職員さんは大変だと思いました

大人しい母も時にはヘソを曲げて頑固を押し通します

本当に感謝の気持ちしかありません





母が認知症になって10年ぐらいになりますが

いよいよ一人暮らしは無理と思った時期あたりに私の周りでは

認知症の家族が徘徊をして電車に轢かれる

何キロも先まで裸足で歩いて行く

徘徊しないよう鍵をかけていたのに洗濯機の上の小窓から抜け出して徘徊した

ひどい時には、新幹線で遠くまで行ってしまう

歩いて高速に入ってしまうなどという想像を絶することが起こりました

家族が一緒に住んでいてもそうなるのなら、私は母を一人にはしておけない

でも、あと何年かかるかわからない介護のために私が仕事を辞めるわけにいかない

(父の時に介護辞職をしたらしばらくして生活に困った(苦笑))などがあり

大急ぎでグループホーム探しをして母の貯金は母のために使えばいいと思うも

そこから数年経って今度は母の貯金が底をつく日が見えて来て

特養に申し込む・・・



という流れが走馬灯のように花火の中に映りこみました



明るく盛り上げて楽しませて下さる職員さんの声をよそに

母は「花火ですか・・・昔、したことがありますわね」と言いながらも

全然違う方向を向いたままで、顔を向けてあげても

見えているのか見えていないのか無反応でした



DSC_0203 (413x550).jpg



花火が終わってエレベーターの順番待ちをしているときにふと思いました


ここで火災とか何か緊急事態が起こったら何人助かるのだろう???

入所者に対して職員の数が少ないです(もちろん法定基準は満たしています)

でも、ほとんどが歩けない人

骨が弱っている高齢者もいて乱暴に抱きかかえると骨折するかもしれません



以前のグループホームの地域連携推進会議でもお話を伺っていて

助かる助からないは運しかないと思いました

客観ししても夜勤の一人が車椅子の9人全員を

階段を使って助けられるわけがないのです

特養は一人がその倍の人数を介護しています



はかなく消える火花の中に介護の厳しい現実を垣間見たひとときでした

nice!(20)  コメント(12) 

女優になろう [介護]

今日は真面目に介護ネタです

認知症の介護をしている方に向けた長文になっていますので

お時間のない方はスルーして下さいませ


続きを読む


nice!(27)  コメント(22)